オトコとオンナの別れたあとの心の違い

MENU

オトコとオンナの別れたあとの心の違い

突然ですが、今恋愛関係にあるふたりがいつまでもアツアツでいられるわけではありません。
ひとは脳の定義として、3年ほどで恋愛相手に飽きてしまうという現象があります。
女性なら不幸にも別れが訪れたとしても、泣き明かしたり、友人としゃべるだけしゃべって発散したり、
などして次の出会いへの切り替えも早いものです。
これは、男性からみれば冷たいともいわれる心理ですが、生物としてはごく普通のことです。

 

男性元カノへの見方

一方男性はというと、そんなに簡単にはいきません。

 

男性の心理傾向としては、男性から愛想をつかしてしまって別れた場合には、その後の復縁率が低いという説があります。
それは男性が女性に対して細かいほど、(繊細といってもよいほど)要求しているからであり、また性的興奮は
実は精神とも密接に結びついているからなのです。

 

つまり、そんなに嫌な別れ方をしたのでなければ、一度つきあうと男性の心にいつまでもそれは良い思い出として残るともいえます。
男性にとって元カノはいわば勲章であり、忘れ去るなどということはありません。

 

 

元カレの心理を探る

つまり男性は一度付き合った女性に対しては、別れてしまっていても「いつかまたよりが戻るのではないか」、
という期待を深層心理に持っている生き物なのです。
あなたがもし、元カレに対して友人のようにつきあっているとしても相手は実はそうでない可能性が極めて高いのです。

 

 

おわりに

彼との復縁の可能性が高いとはいっても、すぐに行動にうつして成功するわけではありません。
彼も復縁のタイミングを待っているのです。
大事なのはあなたが彼と復縁したい、というゆるぎない気持ち。
今はつきあえないけれど、その大事な一瞬を見逃さないよう情報のアンテナを常に立てておきましょう。

 

決して無駄にはならないはずです。