MENU

男性が罪悪感を感じてしまうデート中の女性の忍耐行動3つ

男性とデートをするというのはある程度覚悟が必要なイベントです。
女性としてはできればリュック一杯に「まさかの時のお助けグッズ」を揃えていきたいものですよね。
しかし当日は長時間最低限の荷物で一緒にいる訳ですから、生理的な欲求や何が起きるか分からないアクシデントもあるでしょう。
男性から見て「そこまで我慢しなくても」と思われる女性の我慢行動とはどのようなことでしょうか。

 

1. 思いっきり食べない

 

ダイエット中の女性は、ここで食べたら今までの苦労が無駄になると思い、とにかく我慢しようとします。
置き替えダイエットをしていたり、ダイエットサプリメントを飲んだりしている女性にとっては、脂っこい外食をするというのは恐怖に当たるのです。
男性が定食を頼んでいる横でサラダだけを食べているのでは、楽しい食事とは言えませんね。
最初から「おそばが食べたい」など、カロリーの低い食事を提案しておきましょう。

 

2. トイレを我慢する

 

女性は恥ずかしがってトイレを我慢しがちです。
しかし生理の時などもあるでしょうから、最初から「トイレが近いので、何度も席を立つことになります、ごめんなさい」とメールで伝えておくと良いでしょう。
男性としても我慢されて会話がうわの空になるよりマシだと思うでしょう。

 

3. 体調が悪いのを我慢する

 

これはデートの翌朝に高熱を出して寝込んでしまい、「前日からちょっと熱があって」と聞かされた時にショックを受けるものです。
体調が悪いのは誰でもあるもので、彼も自分のせいではと思ってしまうでしょう。
早めに判断するのも思いやりというものです。

 

終わりに

 

普段の自分の生活パターンと違うデートは、時には女性にはストレスに感じることもあります。
まずは半日程度から始め、一日中出歩くデートは、完全に彼と気心知れた関係になってからの方が良いでしょう。